お問い合わせ

TEL0866-22-0666

月~土 8:00~18:00
  日 9:00~18:00
交通・アクセス
〒716-0034
岡山県高梁市東町1866-3

地図はこちら GoogleMap

ゆうゆう村について About us

高齢化とともに介護が必要となった御高齢の方に、その尊厳を保ちつつそれぞれの方の能力に応じ、自立して生活を営むことが出来るよう必要な援助、介護、医療サービスおよび福祉サービスを提供できるよう日々努力し、皆様が楽しく充実した老後を送れるよう最善の努力をしたいと思っています。私たち職員も今後一層の福祉、医療サービスの習得に努め、皆様とともに幸福な毎日を送りたいと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

施設長  島田 彦造(しまだ ひこぞう)

ゆうゆう村理念

  • 1.私たちは、あたたかい心を育み、誠意と愛情を持って皆様にお応えしたいと思っています。
  • 2.私たちは、皆様の喜びを共の喜びとし、一緒に歩んで行きたいと思っています。
  • 3.私たちは、郷土に愛される施設をめざし、地域の方々とのより広く強い連携を持ちたいと願っています。
  • 4.私たちは、知識の習得と技術の向上に努めます。

施設概要

種別 介護老人保健施設
施設名称 老人保健施設ゆうゆう村
施設住所 〒716-0034 岡山県高梁市東町1866-3
TEL/FAX TEL:0866-22-0666(代) /FAX:0866-22-0665
経営主体 医療法人清梁会
法人所在地 岡山県高梁市南町53
理事長 戸田俊介
施設長 島田彦造
定床数 100床
定員 入所定員(100名)
短期入所サービス(空床利用)
通所サービス(定員40名)

ご利用できる方

症状が安定期にあり、入院治療は必要としないが、リハビリテーション・看護・介護を必要とする高齢者(状態によっては、40歳~65歳を含む。)で、介護保険による介護認定において、要介護状態と認定された方。また、通所サービス・短期入所サービスは、要支援と認定された方も利用できます。

  • 入所サービス
  • 入所リハビリテーション

設備・環境

  • 【居室】
    ゆとりある居住空間をご提供させていただきます。
    生活の拠点となるお部屋であり、皆様、お好きな写真を飾ったりTVやラジオを設置され、ご自分の時間を楽しまれています。
    ※2人・4人部屋共に全室バリアフリー設計。
    ※全室TV他、家電製品の設置が可能です。
  • 【機能回復訓練室】
    ゆうゆう村では、専門スタッフが個々のご利用者様に沿った訓練メニューを作成し、日々目標を持ってリハビリ訓練に参加していただきます。
    ゆうゆう村では、日々の生活の中での訓練「生活リハビリ」を大切にしており、施設内・外すべての場所において、在宅復帰・自立支援へ向けたリハビリテーションを提供します。
  • 【浴室】
    ゆうゆう村の浴室設備は5室(寝台型、リフト型、家庭浴槽Ⅰ・Ⅱ)あり、身体機能に沿った入浴サービスを提供させていただきます。
    寝台型は、ストレッチャーで寝たまま入浴を行うことができます。
5F
  • 食堂
  • レクリエーションルーム
  • 機能回復訓練室
  • 理美容室
4F
  • 療養室
  • 浴室
  • サービスステーション
3F
  • 療養室
  • 浴室
  • 家族介護教室
  • 食堂兼談話室
  • サービスステーション
2F
  • 療養室
  • 特殊浴室
  • 診察室
  • サービスステーション
1F
  • ボランティアルーム
  • 家族相談室
  • 応接室
  • 施設長室
  • 事務室

行事紹介

  • 【誕生日会】
    月に一度、お誕生月のご利用者の方を、地域と施設でお祝いさせていただく催しです。
    毎回、多彩な訪問やボランティアを受け、楽しい時間を過ごしています。
  • 【散歩】
    天気の良い日はご近所を散歩します。
  • 【運動会】
    ゆうゆう村 秋の大運動会です。
    リハビリの成果を「パン食い競争」で発揮します!
  • 【施設内菜園いちご狩り】
    小さな小さな菜園に皆さんで育てた可愛い苺が出来ました。
  • 【夏祭り】
    ゆうゆう村 夏の風物詩、屋台村です。
    会場には盆踊り会場、遊技場など様々な催しが準備されます。
  • 【まちかど広場】
    地域の方々との交流の場「まちかど広場」です。
    一緒に細工作りを楽しんだり、囲碁を囲んだり、様々な交流が行われています。
  • 【介護教室】
    ゆうゆう村では、ご利用者様の在宅復帰へ向けた取り組みのひとつとしてご家族や地域の皆様をお誘いしての「介護教室」を開催しています。
    介護について不安や疑問に思われていることを、参加者・スタッフともに学んでいくことを趣旨とし、毎回和気あいあいとした勉強会となっています。
  • 【文化祭】
    指先や全身を使った作品の数々…
    これはリハビリ訓練の積み重ねと日頃の努力、鍛錬があればこそのものです。
    施設内だけではなく、地域の文化祭へも作品を展示させていただいています。