地域がん診療病院

平成27年4月1日、高梁中央病院は厚生労働省より、「地域がん診療病院」として指定されました。

<地域がん診療病院とは>
現在日本では各都道府県内の地域(医療圏)毎に、地域の中心となってがん診療を担う「地域がん診療連携拠点病院(以下拠点病院)」
を整備することが求められています。しかし拠点病院ほどの経営規模の病院は少なく、平成27年度より拠点病院と連携することで県全体へ
高度ながん医療を提供できる「地域がん診療病院」が新設されました。

<拠点病院との連携>
地域がん診療病院は他医療圏の拠点病院とグループで指定を受けることと定められ、当院は県南東部医療圏の川崎医科大学附属病院との
グループ指定を受けました。拠点病院と連携することで、基本的ながん診療は勿論のこと、当医療圏では対応できない高度ながん医療を
提供することができます。