臨床工学科 Clinical engineering

臨床工学技士は医学と工学の知識を持ち合わせた医療技術者(メディカルスタッフ)の一員であり、現在の医療には不可欠な医療機器の操作や保守点検を通じて患者さまの診療へ貢献しています。

現在は5名のスタッフで透析業務を中心に各種医療機器の保守点検業務を行っています。

近年の医療技術の進歩に伴い、医療機器の高度化・複雑化が進む中、患者さまに安心・安全な医療提供が出来るよう、全力でサポートしたいと考えています。

科長  柏原 友美(かしはら ともみ)

業務

業務を行うに当たっては、医師その他の医療関係者との緊密な連携を図り、適正な医療の確保に努めています。

  • 呼吸療法人工呼吸器
  • 血液浄化血液透析、血液濾過、血液濾過透析、血液濾過透析、腹水濃縮再静注法
  • 内視鏡
  • 手術室麻酔器、除細動器、関連監視機器操作
  • 外来眼科、泌尿器科、耳鼻科等の機器管理
  • 輸液ポンプ・シリンジポンプ
  • 生体監視モニター
  • 保守点検・安全管理

設備

スタッフ

臨床工学技士 9名 透析技術認定士 1名
医療機器情報
コミュニケータ
2名 第一種ME技術
実力検定試験
合格者
1名