リハビリテーション科 Rehabilitation

自然が豊かな高梁市にある、当院のリハビリテーション科が目指すところは、他の病院からリハビリ目的にて入院された方が、住み慣れた高梁地域に戻ってきてホッとできるような、温かいリハビリ室です。
身体の症状に合わせたリハビリだけでなく、退院後の生活に合わせたリハビリにも力をいれています。実際に患者さま宅へ訪問して安全な生活環境づくりのお手伝いや、ご家族への指導、退院前に在宅スタッフへ情報提供も積極的におこなっています。
患者さまのスムーズな地域生活への復帰に向けて一緒に笑顔で一歩一歩前へ進んでいきましょう。

杉本主任
理学療法士 科長  杉本 さとみ(すぎもと さとみ)

村井主任
作業療法士 主任  村井 誠司(むらい せいじ)

理学療法

理学療法とは、身体に障害のある方に対して、主にその基本的動作能力の回復を図るために、治療体操やその他の運動を用いた運動療法と、電気(低周波・干渉波)や温熱(ホットパック)、牽引療法(頚椎・腰椎)、マッサージ(ウォーターマッサージ)などの物理的刺激を加える物理療法と2つあります。義肢・装具、車椅子や杖などの適合や、家屋改修・環境整備などもおこない、よりよい生活を送ることができるよう援助をします。

作業療法

作業療法とは、心身機能の低下した方に対して、今持っている能力を最大限生かせるように身体機能や日常生活動作能力の維持・改善を目的に練習を行います。たとえば食事・トイレ・着替えなどの身の回りの活動の練習をおこなったり、家事や趣味・復職の為の活動に対しても積極的に関わっています。また、新たな生活を想定しての練習や生活に便利な福祉用具の選定・作成、家屋改修のお手伝いもしています。

言語療法

言語聴覚療法とは、病気や事故・発達上の問題などにより、主として言語機能や聴覚機能、高次脳機能が低下し、コミュニケーションに問題が生じた方や摂食・嚥下機能に障害がある方に対し、専門知識・技術を用いて検査、訓練、指導等を行い、機能の獲得や改善、能力の回復・拡大を図り、障害のある方々の社会復帰をお手伝いし、自分らしい生活、よりよい生活を送ることができるように支援しています。

スタッフ

理学療法士11名、作業療法士8名、言語聴覚士3名、助手3名の総勢25名

施設基準

脳血管リハビリテーションⅠ・運動器リハビリテーションⅠ・呼吸器リハビリテーションⅠ